事業所紹介

ケアプランセンターユニ

利用者の真のニーズ(Creating Value for Life)に添って
プロとして自立に必要な介護サービスを提供します。

今後2025年には団塊世代が75歳以上となっていくことに伴い、高齢者の割合も急速に進む見込みです。また、認知症高齢者、高齢者のみ世帯や独居高齢者数の増加も進んできており、地域全体で支援をする必要性が高まってきています。
地域における私たちケアプランセンターの役割は、それぞれのサービスが有機的に機能していくための橋渡しをするケアマネジメントであると考えています。
重度者や医療ニーズの高い利用者が増えていくと考えられることから、ケアマネジメントを行う際の医療との連携、入院から退院後の在宅への移行時にも円滑に在宅生活が続けられるように、その人に合った適切な医療・介護サービスをケアプランに位置づけることが重要となってきます。
そのためには積極的に関係機関への情報提供や意見交換の場(サービス担当者会議等)を設け、多職種による色々な視点から情報共有を行い、利用者様及びご家族の意向を尊重しつつ、その人らしい生活を送って頂けるように支援をおこなっています。

ケアプランセンターユニ

ケアプランセンターユニ

〒554-0021
大阪市此花区春日出北2丁目14番27号
TEL:06-6462-7201
FAX:06-6462-7808


ケアプランとは?

介護保険のサービスを利用するには、要支援・要介護と認定された後、ケアプラン(介護サービス計画)を作成する必要があります。ケアプラン(介護サービス計画)を作るには、居宅介護支援事業所にて具体的なサービス内容を相談し、決定する必要があります。このようなケアプラン(介護サービス計画)の作成を代行するのがケアプランセンターです。 ケアプランの作成費用等の利用者負担はありません。どうぞお気軽にご相談下さい。

介護保険申請からサービスご利用までの流れ

介護サービスを利用するには、要介護・要支援の認定が必要です。認定は、病気やけがの症状そのものではなく、「介護が必要かどうか」「どの程度の介護が必要か」を判定するものです。

介護保険申請の流れ

1.申請

市区町村への申請代行を致します。介護保険が適用できるかは、ケアマネージャーにご相談ください。

2.認定調査

申請すると、市区町村より委託を受けた認定調査員が、ご自宅まで心身の状況などの調査を行います。

3.主治医の意見書

市区町村から主治医へ意見書の作成の依頼をします。

4.要介護認定

介護認定審査会で、認定調査結果と主治医の意見書をもとに、専門家が介護を必要とする度合い(要介護状態区分等)を審査・判定します。

5.認定結果のお知らせ

介護認定審査会の審査判定結果にもとづいて要介護・要支援認定を行い、本人にお知らせします。

6.ケアプランの作成

1)利用者様のご自宅を訪問し、利用者様のお話しを伺い、心身の状況、置かれている環境等を把握します。
2)その内容を元に介護保険のサービスや市町村独自のサービス、その他の必要な地域のサービスのご提案をさせていただき、ケアプランを作成します。
3)ケアマネージャーを中心に関係するサービス事業者と、利用者様・ご家族も一緒に、提案内容が適正かどうか、サービス担当者会議を開いて検討します。
4)ケアプランの内容、利用料などをご説明し、了承を得ます。

7.各介護サービスのご利用

ケアプラン作成後のケアマネージャーの役割

・利用者様及びそのご家族等、サービス事業者等との連絡を継続的に行い、ケアプランが適正かを検討していきます。

・利用者様がケアプラン変更を希望した場合、またはサービス事業者がケアプランの変更が必要と判断した場合は、サービス事業者と利用者様双方の合意に基づき、ケアプランを変更します。

・利用者様が介護保険施設等へ入所を希望した場合、紹介又は必要な援助を行います。

・利用者様が病院へ入院したときには、関係医療機関と連携を図り、退院又は退所においても、居宅における生活へ円滑に移行できるように援助を行います。

・利用者様や介護をされているご家族の様々な悩み・相談に応じ、各自の目標とする生活ができるよう支援します。

介護保険にはどのようなサービスがあるの?

サービス一覧

詳しくは大阪市HP介護保険制度を参照ください。

よくあるご質問

ご連絡先 ケアプランセンターユニ
〒554-0021
大阪市此花区春日出北2丁目14番27号

お問合わせ
06-6462-7201

トップに戻るトップに戻る