医療介護連携

人が財産

人を活かし、人が輝き、人が集まる組織風土を造り、職員一人ひとりが自分の責任を自覚し、自己責任のもとで思考し行動することで、職員が成長し、利用者様やご家族、地域の方々に対し、より良いサービスを提供できると考えています。
そのため、ほなみ医療福祉グループでは、「人材育成」「教育訓練」において力を注いでいます。

私たちが考える介護職員のあり方

「経営理念」「経営方針」「行動指針」「サービス行動コンセプト」「倫理綱領」この5つの柱によって
わたしたちはCreating Value for Life〜人生の価値の創造〜を実現することを目指しています。

私たちが考える介護職員のあり方

医療福祉業界では、専門の知識技術を極めればよいサービスが提供できるわけではありません。 職員一人ひとりがもつ人間力という土台がしっかりしていないと、その上に知識・技術をのせたとしても形だけのものとなります。

人材育成

職員が利用者の喜び・悲しみ・楽しみを共に感じることで、真の医療・介護サービスが提供できると同時に、自分自身の喜びややりがいを生み出し、人間として成長に結びつくと考えます。

教育研修

①事例研修
日々の業務を通して、利用者の身体や心の状態の些細な変化を把握し、科学的根拠(水分量や体温変化等)を基に考察し、状態が改善するように目標設定を行い、計画・考察・実施・評価をしていきます。毎月1回の事例研修で発表し、他の医療介護分野からの意見・アドバイスをし、状況の共有を行っています。

・事例を用いて科学的根拠に基づいた介護の実践
・他事業所の事例検討にも共に考え学べるよう自由参加
・有用な情報を事業所に持ち帰り、積極的に取り入れてケアに活用

事例研修の発表資料事例研修の発表資料事例研修スケジュール事例研修スケジュール

②外部研修
職員の技術能力を向上させるために喀たん吸引研修・認知症介護実践者研修・マネジメント研修などの外部研修に参加しています。

教育スケジュール教育スケジュール

評価制度(コミュニケーション)/ポジティブアクション

日々の業務の中で自己成長を確認するために評価を行います。
評価内容は業務の取り組み姿勢の確認に加えて、職員の考え方や内に秘めている能力・感性を知るためにレポートを毎回提出してもらいます。 今までのレポート課題を挙げると「自立社員の条件について」「働くことと生きることについて」「日本の若者がどんどんバカになっている〜あなたはこれについてどのように考えますか」・・・などが有ります。
文章を書いてもらうことで各職員の生き方や成長・期待等がわかります。レポートに基づき処遇につなげたり、アドバイスを行っています。

レポートレポート

人事制度(教育・評価・賃金制度)システム
労働環境整備
育児休業基本給付金や育児休業等取得申し出など、国が実施している制度を有効に活用しながら、グループとして 職員が出産・育児・介護など人生の節目においても仕事を継続し、キャリアを構築できるような環境構築に取り組んでいます。
  • 介護休業制度
    介護休業制度の取得可能日数を93日から、100日に延長しました。同時に看護休暇も1年に5日であったものを7日に拡充しています。
  • 育児休業
    子供が3歳になるまで取得可能にし、育児のための短時間勤務の時期を小学校就学前まで延長。小学校低学年までの従業員シフトは夜勤・早出・遅出から除外するなどの対策を行っています。
  • 保育所費用補助
    週30時間以上就労する職員に対して、保育所の費用の一部を補助しています。

求人情報