医療介護連携

医療と福祉の包括

いのちは希望にあり生命を救うだけでなく、いのちを支える医療が求められます。

メッセージ

医療(在宅医療・訪問介護・薬局)と介護事業所の連携

ほなみ医療福祉グループは、医療と福祉の包括を理念に掲げてサービスの構築・提供を行うことにより、在宅診療・訪問看護・薬局・ケアマネージャー・在宅介護サービス・グループホームといった、病院〜地域〜個人までを繋ぐ仕組み・ノウハウをグループ内に備えており、さらに地域の方々、他の医療・介護事業所との連携を密に取ったサービス提供も実現しています。

医療的視点なしに介護は成り立たない

わたしたちだからできること

医師・看護師・薬剤師・ケアマネージャー・介護職が、よそにないレベルの高い連携を密に図っています

一人ひとりの命の尊さに向き合い、科学的根拠に基づいた医療・介護の実践と、その方の顕在的・潜在的なニーズを把握し、その方のQOLの向上に努めています。

その方の医療介護ニーズに合った適切なサービスを包括的に提供できる仕組みを備えています

医療(在宅医療・訪問看護・薬局)と連携し、利用者のニーズに応じて、医療・介護サービスを包括的に提供する体制をとっています。
○認知症になってもその方に合った適切なサービスを提供します。(グループホーム・認知症対応型デイサービス・小規模多機能など)
○住み慣れた地域・自宅で暮らし続けるために切れ目ないサービスを提供できます。
○サービスを組み合わせてあらゆる介護度の方に対応できます。

認知症の方の在宅支援・家族支援も介護における重要な役割だと考えています。

介護者であるご家族においては、介護が長年にわたり必要となる可能性もあり、避けることができない大変さがつきものです。認知症の方を支えるご家族は、在宅介護において一筋縄ではいかない様々な問題に直面し、いつまで続くのか見えない不安を抱え、介護に疲れてしまうことも少なくありません。
ほなみ医療福祉グループでは、認知症になっても、住み慣れた地域・自宅で暮らし続けるために、利用者様の支援に合せて、家族支援にも力を入れています。

認知症とは


医療と連携できる介護職員達が地域にもたらす安心感

医療と連携できる介護職員が地域にいることで、「この街にいれば、慣れ親しんだ場所で、安心で充実した生活を送ることができる」という安心感につながります。
また、地域に根ざした信頼できるサービスは、多くの良い人材を呼び、さらに充実したサービスに繋がります。
これは地域に安心感をもたらすと同時に、地域活性化への貢献も期待できます。

人間力・感性の研鑚に、やりがい醸成とスキル向上の両立

ほなみ医療福祉グループでは、利用者様と共に過ごしながら、グループ内で、科学的根拠に基づいた介護の実践についての事例研修など、人間力や感性、専門知識・スキルを身につける機会を設けることにより専門性を高め、職員が誇りを持って取り組める環境を整えています。これにより、質を高め、責任感あるサービスの提供を可能にしています。

詳しくはこちら

地域とのかかわりを大切に支援を行う各拠点

ほなみ医療福祉グループは医療と福祉の包括を掲げ、医療法人全人会と有限会社ひまわりによる連携を密に行いながら、地域との関わりを大切にする「地域包括」も視野に入れた事業所展開を行っています。

詳しくはこちら